HomeOrderingView CartMy AccountContactEnglish |

Search


THE STONE RECORDS

Category
Cart
News
BLOG
FACEBOOK
TWITTER
EMAIL LIST


Interpol - Marauder (Cream LP)
Cat No. OLE11240
Price (tax inc)

2,580円

Qty


00年代インディーロック/ポストパンクの雄、Interpolが初の共作というのがむしろ意外にも思えるDave Fridmannをプロデューサーに迎えて完成させた4年ぶりの新作アルバム。

★インディー・エクスクルージヴ・クリームカラーLP+ダウンロード

収録曲:
01. If You Really Love Nothing
02. The Rover
03. Complications
04. Flight of Fancy
05. Stay in Touch
06. Interlude 1
07. Mountain Child
08. NYSMAW
09. Surveillance
10. Number 10
11. Party's Over
12. Interlude 2
13. It Probably Matters





ザ・ストロークス、ザ・ナショナル、アーケイド・ファイア、ヤー・ヤー・ヤーズ、といったバンド達と共に、2000年代のロックンロール黄金時代を牽引してきたNYのカリスマ・バンド、インターポールが前作『El Pintor』(2014年作)以来、実に4年ぶり通算6枚目となる待望の最新作『Marauder』を<MATADOR>よりリリース。ポール・バンクス(Vo)、ダニエル・ケスラー(Gt)、サム・フォガリーノ(Dr)と、2010年に惜しくも脱退したカルロス・デングラー(Ba)の4人組バンドとして、2002年に『Turn on the Bright Lights』で鮮烈なデビューを飾ると、ジョイ・ディヴィジョンやエコー・アンド・ザ・バニーメンを引き合いに出されるポスト・パンク・サウンドとスタイリッシュかつクールな世界観で一気に大ブレイクを果たし、3作目の『Our Love to Admire』(2007年作)では遂にUKチャート2位/USチャート4位に輝き、英米トップバンドの仲間入りを果たした。毎回新作をリリースするたびに新しいサウンド・アプローチを試み進化し続けているバンドは本作で、ザ・フレーミング・リップス『At War with the Mystics』やMGMT『Oracular Spectacular』、モグワイ『Come on Die Young』といった傑作を生み出してきたデイヴ・フリッドマンをプロデューサーに起用し、リードボーカルのポールが今回初めてベースを担当。ポールのダークウェイヴ調の耽美で感傷的なヴォーカル、サムの力強く正確でタイトなドラム、ダニエルのスタイリッシュなギターリフが緻密に計算された、重厚ながらも壮大で奥行きのあるバンド史上最高傑作との呼び声高いアルバムがここに完成した。限定輸入盤LPはクリーム・ヴァイナル仕様でのリリースとなる。

http://www.matadorrecords.com/interpol

Release Date : 24 Aug 2018
Label : Matador







Labels
特定商取引法に基づく表記支払い方法について | 配送方法・送料についてプライバシーポリシー
Copyright© 2008 THE STONE RECORDS. All Rights Reserved